eneloop plus (エネループプラス)の電池ならプラレールでも安心

ども、やじです。

s-R0019319

大樹のプラレール用に、eneloop plus (エネループプラス)という充電池を買いました。

eneloop(エネループ)には、Pro、Lite など、いろいろなバリエーションがありますが、このplus は最後発の仕様品です。

s-R0019322

何が違うのかというと、温度制御機能が付いているのです。

これは、温度が上昇しすぎた時に、電池内部のセンサーが反応して、一定温度以上にならないように抑えてくれるというもの。

じつは電池というのは、温度上昇しすぎると、回路がショートを起こしてしまうのです。

特におもちゃに使う場合などは、おもちゃ箱の中で知らぬ間にスイッチが入ってしまい、ずーっとONの状態が続くというのは大変危険なわけです。

だからといって、イチイチ電池を毎回抜くかというと、ほとんどの方がしないと思います。

だから、温度制御機能が付いていると、万が一の時に事故にならずに済みます。

一応、プラレールの公式サイトでは、充電池の使用はしないようにとなっていますが、いちいち電池を買っていたのでは、経済的負担が大きいです。

そこで、安心して使うには、こういう温度制御機能があるものの方がいいということなんですね。まぁ、この辺はグレーゾーンですから、自己判断でという部分です。

実際に使ってみたところ、使い勝手は普通のeneloop と何ら変わりません。

ただ、安心感がまるで違うので、おもちゃに使うには最適だな、とすごく感じますね。

わが家では、しばらくeneloop plus でプラレールを走らせて、様子を見ることにします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。