SONY DSC-HX90V ズームと気軽さで選んだコンデジ

sr0023025

ども、やじです。

子供が生まれてデジイチの購入をきっかけに写真を撮ることに目覚めてもう7年が過ぎました。その間、スマホカメラの劇的な進化により、デジイチよりも iPhone の方が登場回数が多くなってしまいました。

ただ、やはりきちんとしたカメラで撮った写真は、スマホで撮ったものにくらべると、まだまだ差があると思います。きれいな写真を撮りたい!そうは思うものの、やはりデジイチは重い。そして、デカい。持ち出すのに躊躇するんですよね。

そこで、気軽に写真を撮る楽しみを味わえるようなコンデジを買おうと思い立ち、いろいろと検討した末、SONY の DSC-HX90V を購入しました。

sr0023034

決め手はこれです。高倍率ズーム。

DSC-HX90V は光学ズーム30倍、デジタルズーム120倍を誇ります。これは双眼鏡代わりに使えるくらいの高倍率です。

どうしてこのズームが欲しかったのかというと、子どもが遊んでいる自然な写真を撮るのに、遠くから狙いたかったからです。近くで撮ると、どうしても撮られる方が意識している写真になってしまいがちです。まったく気付かれずに撮れるというのがいいんです。

これをデジイチでやろうとすると、バカでかいズームレンズを持って行って、その都度レンズ交換をしなくてはなりません。

それではせっかくのシャッターチャンスを逃してしまいますし、なによりまずそこにフルセットを持って行っていなければ、話にならないわけです。

しかし、全部入りのコンデジであれば、多少画質が落ちたとしても、撮りたい!と思った時に、ポケットからサッとカメラを取り出して撮ることができます。

この機動力が、かなり魅力的だったのです。

sr0023024

背面ディスプレイは180度チルト機能付きなのだ、自撮りもしやすくなっています。私の場合は、ローアングルから撮りたい時に大変重宝しています。

sr0023035

電子ファインダーです。下位機種のHX60Vとの違いで、もっとも迷ったのが、この電子ファインダーの有無でした。そんなに必要かなぁという気がしないでもなかったのですが、実際に使ってみて、ファインダー有りを選んでよかったと思いました。

まず、晴天時の屋外での撮影がかなり快適です。炎天下だとディスプレイって使い物になりません。本当に何が映ってるのか全くわからないんです。でも、ファインダーであれば、くっきりと像を捉えることができます。さらに写真を撮ることに没入できるため、撮っていて楽しいというのも、実際に使ってみてわかりました。

これからどんどん外に持ち出して、バンバン写真を撮っていこうと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。