パナソニックのドライアイロン NI-A66-K スチームレスな男のアイロン

ある日突然、愛用していたティファールのスチームアイロンが壊れました。

スイッチを入れても、全く熱くなりません。ウンともスンとも言わない状態。

私は毎朝、出勤前にワイシャツにアイロンをかけるので、結構焦りました。1分考えた末、ガスコンロでアイロンを熱し、見えるところだけアイロンがけをして、なんとかその場をしのぎました。

さて、新しいアイロンを買わなければ、といろいろ調べている時に、ふと気付いてしまいました。

スチームって本当に必要かな? と。

Amazonでアイロンを検索すると、スチーム付きのものがたくさん出てきます。スチームが強力だとか、滑りがいいとか、まぁいろいろと。

でも、私は霧吹きで生地に水分を与え、ドライでアイロンをかけるので、全くと言っていいほど、スチーム機能を使ってないのです。

むしろ、スチーム穴に溜まったホコリなどが、何かの拍子に生地に落ちて、それをそのままアイロンがけして汚してしまったりなんてことがあったりして、その時のストレスの方が大きかったりします。

よし、今回はドライアイロンでいこう!

そう考えて吟味し、シンプルイズベストでたどりついたのが、これです。

image

パナソニックのドライアイロン、NI-A66-Kです。

黒とシルバーの男らしい外観、一切の無駄がないフォルムが、機能美を感じさせます。

見た目からすると、ちょっと意外なのが重量です。驚くほど軽い。

よくアイロンは重さがあった方がしっかりプレスできていい、みたいなことを聞きますが、実際に使ってみた感想では、あんまり関係ないですね。それよりも、取り回しのしやすさの方がメリットとしては大きいと思います。腕が疲れないのもいいです。


かけ面はご覧の通りなーんにもありません。スチーム穴がないというのが、逆に新鮮です。

ちなみにフッ素コート加工が施されているので、のりがつきにくい仕様みたいです。私はそもそものりを使わないので、あんまり関係ありませんが。

ダイヤル式のスイッチは、生地に合わせて温度を調節しやすいです。

電源コードは有線なので、温度上昇が早く、そして冷めにくいです。コードレスだと、温度が少し下がるだけで、途端にプレスがかかりにくくなるので、アイロン本来の機能からして私は有線派です。

ちなみに本体との連結部が上下に可動するので、かけにくさを感じることもありません。

よくよく自分の使い方を考えると、このドライアイロンで全く問題なしです。というか、むしろ大満足です。

さらにお値段もリーズナブルなので、本当に言うことなし。

長く愛用していきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。